賃貸住宅を解約する場合の違約金

アパートのような賃貸住宅の契約を、期間の満了を待たずに中途で打ち切って退去する場合には、契約書の内容にしたがって、一定の違約金が発生する可能性があります。通常であれば、たとえば退去するときには3か月前までに家主に連絡をすること、などという文言が契約書に記載されていますので、その文言にそって手続きをする限りにおいては、支払いが必要ないこともあります。しかし、もしもそうした手続きを踏まなかった場合には、実際には1か月後の退去であっても3か月分の家賃を徴収されてしまうといった、家賃相当額が賃貸住宅の違約金の値段基準となることが多いようです。

賃貸の違約金が発生する場合

賃貸の契約の際に違約金が発生する可能性があるときがあります。一般的に通常は賃貸契約期間は2年単位が多数をしめ、その契約の途中で退去しなければならなかったとき、通常は発生しないものですが、物件によっては発生する可能性があります。物件によって違約金が発生するかどうかというのは変わりますし、また、残りの契約期間によっても変わる場合があります。そういった事項については、重要事項説明の際に必ず明示されるため、しっかりと確認しておくことが大切です。金額についても、物件によって違いますが、一般的には家賃の一か月から多い場合で3か月分請求される場合があります。

↑PAGE TOP

Copyright © 賃貸の違約金の値段について All rights reserved